躁鬱は自覚症状が乏しい病【人間関係に悩んだらカウンセリング】

鬱

本人の自覚が乏しい病

先生

躁鬱病は、双極性障害とも呼ばれています。本人の自覚が乏しかったり、単極性うつ病と誤認してしまうことが多い病気です。治療には時間はかかりますが、薬物療法などで、症状の改善は可能です。そのためには家族や周囲のサポートが非常に大切になってきます。

詳しくはコチラ

早急に治療することが大事

先生

躁鬱病はハイテンションになる時と気分が落ち込む時の繰り返しとなり、両極端になることがあります。よって、周囲に誤解されてしまうことがあります。早急に専門医に診てもらい、治療を始めることが大事です。順調に行けば社会復帰できるようになります。

詳しくはコチラ

感情制御が難しくなった時

鬱

日常生活、人間関係でのストレスが過度に溜まってしまうと、人によっては体にまでその影響が出てきてしまうことがあります。例えば、興味関心が薄れてきた、やる気や集中力の低下、睡眠不足などの症状です。こうした症状はうつの典型的な症状としても挙げられており、症状が悪化すればするほど当人の表情、言動に顕著な変化が出てきます。中には、こうした症状以外にじんましんや腹痛、頭痛などの症状を引き起こすケースもあり、発見が遅れることもあります。うつの症状は発見が遅れれば遅れるほど症状同士が悪循環を招き、ひどいケースであれば日常生活もまともに送ることが出来なくなります。もちろん、すべての人がそうというわけではありませんし、その前に周りの人間が症状に気が付くことが出来れば改善の余地も見出せます。ただ、やはり治療は早いに越したことはないので、気になる症状があるという場合には出来るだけ早く専門の医療機関を受診するようにしていきましょう。ここでいう専門の医療機関とは、精神科や心療内科など、所謂メンタル面での治療を主にする診療科です。

こうしたうつ症状が長く続くからと、医療機関を受診する人の中にはごくまれに躁鬱病の患者も混ざっていることがあります。躁鬱病とは、先に挙げたうつ状態と逆に気分や感情が高ぶってくる躁状態を繰り返していく病気のことです。その躁鬱の切り替えの期間やタイミングは人によって異なり、しかも躁状態の時には身体的、精神的症状が見えにくくなるため発見が遅れてしまうのです。さらに、躁状態になって鬱の症状が改善されることから、自分はもう元気だと勘違いしてしまうケースも出てきます。この躁鬱病、ある程度症状が進行して、躁状態の時に異常なまでの積極性、興奮などの症状が現れてくると発見がしやすくなります。とはいえ、うつ病と躁鬱病はその処方される薬も多少違ってくるので、出来るだけ早い段階での発見、診断がベストです。変に病気がこじれる前に対処することで、完治までの期間を短縮していくことが出来ますし、何より患者本人と家族の負担を最小限に抑えることが出来るのです。出来るだけ早い受診、そして何より、信頼できる病状の変化に敏感な担当医、医療機関を探していくことが大切になってくるのです。

双極性障害の治療

悩み

躁鬱病は再発しやすいですが、薬をきちんと服用し、規則正しい生活を送ることで安定した状態を保つことができます。しかし薬を飲み続けることは不自由を我慢したりとても大変なことなのです。家族も協力し、服薬を続けやすい環境をつくるよう心がけましょう。

詳しくはコチラ

双極性障害に対する知識

元気になる

躁鬱は軽度の場合は中々気付く事が難しい病でもあり、受診が遅れてしまうケースもあります。しかし軽度の躁鬱であれば短期間の治療での改善が期待できます。周囲から指摘された場合や少し異変を感じた場合には早めに病院を受診するべきです。

詳しくはコチラ

うつ病よりも診断が困難

元気になる

躁鬱病の原因は、まだ分かっていないことの方が多いです。しかし、将来的には原因がはっきりと分かるようになるでしょう。研究がストップすることはないでしょう。また、躁鬱病の治療は長期化する場合がありますが、病気との取り組み方に工夫をすれば解決していくでしょう。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 躁鬱は自覚症状が乏しい病【人間関係に悩んだらカウンセリング】 All Rights Reserved.