躁鬱は自覚症状が乏しい病【人間関係に悩んだらカウンセリング】

鬱

本人の自覚が乏しい病

先生

躁鬱病と聞くと、一般的には「ハイテンションの躁状態と、気分が落ち込んだうつ状態を繰り返す病気」だと思われることが多いようです。この解釈は完全には間違っているとは言えませんが、誤解されている部分も多いと言えます。うつ病は単極性うつ病と呼ばれ、躁鬱病は双極性障害と呼ばれます。この二つは全く異なる病気で、発症原因も治療法も異なります。単極性うつ病は、気分が落ち込んでいてやる気がでなかったり、眠い状態が続いたり、物事を悲観的に捉えがちになったりします。周囲からみても明らかに、なにかおかしいということがわかります。しかし双極性障害の場合には、本人も周囲も気が付かないことが多いようです。それは躁状態の時は、とてもエネルギッシュで決断力が早くリーダーシップをとろうとします。他人と衝突しがちですが、やる気が前面にでています。周囲の目には、行動力がある人だが、トラブルも多い厄介な人と見られることが多いようです。躁状態の後に、反動のようにうつ状態がやって来ます。それまでとは打って変わり、元気がなくなります。本人も周囲も「今までが頑張りすぎて疲れたのではないか」と錯覚していしまいます。

躁鬱病の方のこの波は、放っておくとだんだんひどくなることがあります。そしてついに、会社でトラブルを起こして退職せざるを得なくなったり、儲け話にのって大損してしまったりします。順調に行っていた仕事でも、うつ状態になった途端すべて投げ出してしまい信用を失うこともあります。周囲からは扱いにくい人とのレッテルを貼られてしまいがちです。明らかに波がありすぎる人がいれば、精神科や心療内科で診察を受けることをお勧めします。本人には躁鬱の自覚がないことが多く、病院に行くことを嫌がるケースも多く見受けられますが自然に治る病気ではありません。しかし適切な薬物療法や対人療法で大きかった波を小さくしたり、波の周期を遅くすることが可能です。又、躁鬱病の患者の中には、落ち込んでいる時の自分をみて単極性うつ病と勘違いしてしまうケースもあります。そして単極性うつ病の治療を受けるのですが、根本原因が違い治療法も異なるので、一向に良くならないのです。このように躁鬱病は本人だけでは、判断が付きにくいものです。家族が日ごろから症状をチェックし主治医に説明できるようにするといいでしょう。

Copyright©2015 躁鬱は自覚症状が乏しい病【人間関係に悩んだらカウンセリング】 All Rights Reserved.