躁鬱は自覚症状が乏しい病【人間関係に悩んだらカウンセリング】

鬱

双極性障害に対する知識

元気になる

一般的に知られている心の病に鬱病と呼ばれるものがありますが、この鬱病にも幾つかの種類があり症状は様々です。その中に躁鬱病と言われるうつ病がありこれは別名双極性障害と言われ症状に特徴があります。その特徴とは、鬱病は心理状態が沈み込み不眠、不安、倦怠感、恐怖心等から気分が大きく沈み込みますが、躁鬱病の場合はこの様なうつ病の症状と合わさり急激に調子が良くなり行動的になると言う症状が現れます。気分が深く落ち込んで何も手に付かない状態から一気に元気になり自分自身はとても気分が良くなり大きな買い物、ギャンブルで散財してしまう、自意識過剰となり自分が偉大なる人間だと言う課題妄想が現れる様な事もあります。この状態の場合とても元気で活発な印象なのですが、行き過ぎた言動や行動が目立つ為に周囲に不信感を与えてしまう場合があります。そしてこの躁鬱は軽度の場合は見落とされる事が多く知らない間に悪化してしまうケースが多い様です。そしてうつ病と躁鬱の治療方法は異なりうつ病の治療のみでは躁鬱は改善されません。

躁鬱の治療法では内服薬と精神療法が必要となりますが、うつ病に対する薬は躁鬱には効果を示さず全く別の薬が必要となりますので幾つかの薬を使い分ける必要が出てきます。そしてうつ病だと診断されてうつ病の治療を続けていたが中々改善が見られず実は躁鬱だったと言うケースもあります。そこで病院を受診する前に一度自身の症状について見つめ直す工夫を行う事で躁鬱が見つかりやすくなります。気分が沈み込む瞬間と急に元気になる瞬間は無いのか。その様な状態はどれ位の周期で繰り返されるのかを把握する事で誤診を避ける事も可能となります。そしてもし病院で躁鬱だと診断された場合にも長期間医師と向き合いながら治療を行っていく事が必要です。そして躁鬱を招いてしまった原因が分かった場合には、日常生活に対する工夫も必要になってきます。躁鬱を招く原因がストレスの場合にはストレスの原因を取り払っていく必要があり心を休ませる環境を整える事です。深い悩みがある場合には前向きに悩み事を解決する様にする努力も必要となります。

Copyright©2015 躁鬱は自覚症状が乏しい病【人間関係に悩んだらカウンセリング】 All Rights Reserved.